嬉しいメール
2005年12月28日 (水) | 編集 |
こはるちゃんが、あの場所にいる頃に
気にかけてくださっていた方からメールを頂いた。

その方もずっとこはるちゃんのことを
つれて帰りたい、でも住宅事情からどうしようもなく
とても悩んでおられたとのこと。
そして、保護してくれて、ありがとう、と
嬉しいお言葉を頂いた。

こはるちゃんがあそこにいるとき、
お水もご飯ももらっていたけど、
お水はいつも汚れていて、お水入れにしていた
黄色いバケツは内側に描かれていた「とっとこハム太郎」
の絵も消えてしまい、内側には薄い藻が生えていることも
しばしばあった。
メールを下さった方も、こはるちゃんの水替えを
してくださったりおやつに少し高いご飯を
あげてくれていたという。

22日の大雪の日など、とても心配していたと
おっしゃる。
私もあの日はどうしても出勤しなければならず、
ノーマルタイヤの車で滑りながらなんとか職場に
たどり着き、帰りはあのお店に寄って、こはるちゃんの
クッションに使い捨てカイロを置いたんだった。

こはるちゃんはこの方以外にもきっと
気にかけてくれていた人がいただろう、
現に、こはるちゃんの不妊手術はお店の人たちと
お客さん皆さんでお金を出し合ってしたという。

でも、誰も、こはるちゃんをつれて帰ることが出来なかった。

もし、こはるちゃんが、お店の前の道で車にひかれて死んでしまったら
どんなに後悔するだろう、
どんなに悲しい思いをするだろう、
ずっとずっと考えていた。

私はそれでも、今、緊急のSOSがある子を優先してきて、
こはるちゃんのことを後回しにしてしまっていた。

こはるちゃん、ごめんね、こんなに遅くなってしまって。。。
でも、その分、きっと、必ず幸せにするからね。

今日のこはるちゃん、おしっこはもうおトイレで
出来たけど、うんちがまだ出てない。
K動物病院は大晦日も元旦も開いてるから
うんち出たら検便にいこうね、調子がよければ
ワクチン打ってもらって、風邪ひかないように
予防しようね。
シクロんが好きだった、窓際にはりついてお外を
眺めているこはるちゃん、
今日はみんながいるリビングに下ろしてみた。
大きな声で鳴くこはるちゃんにみんなビックリ。
ボス猫ちゃとらんがさすがにこはるちゃんに注意をしに
いったけど、こはるちゃんは興奮していて、大声を
やめなかった。
みんなもドキドキしたみたいで、あかんたれとらちゃんは
しっぽをポワポワに膨らませていた。
でも、私がこはるちゃんを抱っこして、
みんなひとりずつ、挨拶してまわると、
誰も威嚇しないし、みんな、いい子。
少しずつ、慣らしていって、みんなと仲良くできるように
なれば、こはるちゃんにとってほんの少しの間でも
居心地のいい場所になるだろう。

122802.jpg

新しい首輪は、もちろん、あのピンクの首輪。
うちから幸せになった子はみんなこの首輪をつけていたんよね。

koharu11.jpg


↑この画像は、メールを下さった方が撮ってくれたもの。
振り向いた目がとても澄んでる。自分のこと、大事に
してくれる人はちゃんとわかってたんやね。



拍手する



2005/12/28 22:49 | ★にゃんずの日常★ | Comment (8) Trackback (0) | Top▲