ご近所の底力
2006年02月16日 (木) | 編集 |
ころんさんから情報を頂いて、
今日の9時15分から放映の「ご近所の底力」という番組を見た。

猫のしつけなんかが特集されてて、
中でも、お外にいた野良猫たちを自宅で飼うという
ことがずいぶんとクローズUPされていた。

そんなに珍しいことなんかなぁ?

うちにいる子なんて、まみちゃん以外8匹は
みんな外にいた子なのにね。

スプレーの悩みや外に出たがる子のことなんかも
取り上げられていたけど、
外に出てしまう子に関しては
飼い主の認識の甘さを感じた。

外に出てしまったら、
もしかしたら、交通事故に遭うかもしれない、
外で病気になっちゃうかもしれない、
悪い人に捕まって虐待されちゃうかもしれない、
そういうのを考えないんだろうか?
それに、猫嫌いの人のお宅でおしっこやうんちを
して、迷惑かけるかもしれない、
それだけではなくて、毒薬まかれて死ぬかもしれないとか。。
数えあげればきりがない。
それぐらい、お外で生活することはリスクが
大きいのに、なんでそれがわからないんだろうか。
想像力の欠如なんかな。

大切な大切な家族なのに。

お外で大きな怪我をしたり、障がいになる虐待を
受けた子、病気を持ってる子がうちにいるから
余計にそう思う。

021604.jpg


021605.jpg


せまくても好いた者同士ならそれもよし、やね
ララちゃんの左目、見えるようになったらいいのにね。。
お外は怖い、やっぱり。

↓めざせ、上位そしてワクチン代をクリックで稼ごう!
こちらをクリックして「投票」というボタンを押してね。

★ブログランキング★




拍手する



2006/02/16 22:55 | ★にゃんずの日常★ | Comment (7) Trackback (0) | Top▲
 究極の療法食?
2006年02月16日 (木) | 編集 |
うちの子たちのご飯はサプリやら
色々入ってて、もしかしたら究極の療法食ではないかと
思う今日この頃。

というのも、去年の初めぐらいから、
とらちゃんが尿路疾患で何度も病院に駆け込み、
一番ひどい時はカテーテルまでしてもらってて、
ご飯はもちろん療法食を食べさせていても
とらちゃんは何度も何度もおしっこが詰まってしまってた。

でも、去年の暮れ前ぐらいに
たまの玄米ご飯」を療法食の上に
かけて出すようになってから、
ずっとおしっこがよく出るようになったのである。

このご飯、なかなかの曲者で(笑)
普通に出してもみんなは食べてくれない。
>例外的にゆうたは何でも食べるが(爆)

なので、↓のようにサプリメントも一緒にまぜて
ミキサーにかけて食べてもらってる。

021601.jpg


とらちゃんがすっかりよくなったので
そろそろカリカリの療法食も卒業したいなぁと
思う今日この頃。。

このご飯、笑子ちゃんにも出してるんだけど・・・
笑子ちゃん最初はよく食べてたのに
最近は、このご飯だけしっかり残して
カリカリだけ食べるようになってしまった( ̄□ ̄;)!!
しゃーない、笑子ちゃんにはタヒボで
頑張ってもらおう。。。

みおちゃんもこのご飯食べてくれないんだよねえ。
一番食べてほしいのに。。
みおちゃんは頂き物のサナベルがお気に召したようで、
ドクターズダイエットのシニアとサナベルを
交互に食べてる ^^;
歯が悪いみおちゃんにも食べやすいんだろうね。


拍手する



2006/02/16 19:04 | ★にゃんずの日常★ | Comment (5) Trackback (0) | Top▲