りぼんちゃん保護顚末記その1
2007年06月30日 (土) | 編集 |
今日は、のらりんさまのお宅のサビっ子りぼんちゃん保護顚末記を
お送りします ^^






小さなりぼんが餌やり場にお母さんと一緒に二人で現れたのは去年の
年明けでした。私は10数匹の猫の餌やり婆なんです。

ノラにしては比較的警戒心の薄い仔でしたので里子に出せるかもと春に
捕獲して、早目の手術と血液検査をしました。

結果、



白血病陽性でした。



ヘナヘナ~。



当時既に6匹しかも慢性腎不全の仔もいる中での、一時的とはいえ
隔離飼育は不可能でした。
あらゆる面で無知で根性なしの私は悩んだ末、
他の仔と同じ様にリリースしてしまいました。
せめていろんな病気に罹患しない様にと7種混合ワクチンを打つ
のが精一杯でした。

ベテラン猫友から、幼いときは疑似陽性が出やすいと聞いたのは、
りぼ んがすっかり美しく成長した後のことでした。
その後お母さん猫も TNRして、
他の外猫達と同じ様にごはんを与え続けていました。
しかし、その内りぼんはうちのマンションの小さなエントランスに堂々と入ってくるようになりました。

さすがに人の目もあり苦情も出て私は窮地に立たされました(当たり前)。

早朝、深夜にこそこそと餌やり。住民が来たら、食べてる餌の
容器を取り上げ物陰に隠れて(←不審者全開)、神経は擦り 減るばかり。

因みに昨年夏、生後一ヶ月ほどの捨て猫二匹を保護。それまではペット
ショップで売れ残ったり、大けがをしたり、果ては安楽死まで勧められた成猫ばか
りだったので、初めて接する子猫の可愛らしさにすっかり家人は舞い上がり8匹
の大所帯と更に増加していました。

遂に今年4月末、腹をくくって「ええい!ままよ」と二度目
の捕獲。ダメ元か、9匹目か。
でも猫友の言葉に一縷の望みをかけました。

そして病院へ。


結果、



エイズ、白血病共に陰性!!



夢じゃないかしら!!
生涯でこんなに嬉しかったことはありません。
でもこの一年は何だったの?とも。


嬉しくも脱力~。駆虫、蚤取り、爪切り、今年は3種混合(エヘッ)と基本の処置。
子猫の頃から1年半近く朝な夕なに餌やりしていたこの仔を里子に出すなど、
考えられませんで した。

これで晴れてうちの子に!
と夢の様な一週間でした。



ribon01.jpg




でも、この幸せは長くは続かなかったのです


りさとよく似たかわいいサビっ子りぼんちゃんの運命やいかに
このお話の続きはまた明日







[READ MORE...]
拍手する



2007/06/30 20:22 | ★にゃんずの日常★ | Comment (3) Trackback (0) | Top▲
 カメラがまくら
2007年06月30日 (土) | 編集 |
20070630080644
とらちゃん、カメラ使いたいんですが…のいてください

拍手する



2007/06/30 08:06 | ★にゃんずの日常★ | Comment (0) Trackback (0) | Top▲