松野議員の講演会に行ってきました
2008年03月23日 (日) | 編集 |
今日は昼から大阪に出向きました。

一緒に行くのは、ちゃとらんが大好きなMARUちゃん。


IMG_5170_20080323203617.jpg



こら、おっさん。
何、顔赤らめてるねん。


IMG_5173.jpg



なんちゅうコト言うねんな(〃*`Д´)!!!




こんなアホなちゃとらんは、ほっといて・・・



今日は大阪府吹田市で開催された、衆議院議員松野頼久氏(民主党・無所属クラブ)の
講演会を聞きにいってきました。

講演会の演題は「大阪府犬管理指導所から見る動物保護の考え方」
で、熊本出身で、動物愛護を政治の観点から見て
様々なアプローチをしている松野議員のお話は
とても勉強になるものでした。

熊本市は犬の処分率がなんと、8.6パーセントなんだそうです。
譲渡もさかんに行われていて、その譲渡の前には
必ず、「譲渡前講習」に参加してから里親さんに引き渡されるそうです。
また、殺処分のやり方として、どうしても飼い主が持ち込んできた場合、
その飼い主には適正な飼育や繁殖を辞めさせるように厳しく指導し、
やむを得ない殺処分の場合は、注射による安楽死をし、
その際には、飼い主の腕の中で最期を迎えるようにしているそうです。

狂犬病予防法と動物愛護管理法との矛盾点についても
言及されていて、動物愛護管理法を優先し、動物の福祉の向上と
今後は30億円の予算の獲得をし、全国の保護施設が
公的なシェルターになるように、頑張っていきたいと話されていました。
また数々の処分場を訪問されて、現場を視察をしてきているので
その話の内容には真実味がこもっていました。

講演の後、松野議員に中川こうじさんの著書「のらねこ。」を
手渡すことが出来ました。
個人で野良猫の保護活動をしている方の本で、
ぜひ、読んで頂きたい、できれば、同じ議員さんたちの間で
この本をまわして頂けたら、と言ってお渡ししました。
松野議員は、とても喜んでくださり、ありがとうございます、と
受け取ってくださり、なんと、名刺をくださいました。
今は犬の福祉に力を入れておられるけれど、「のらねこ。」を読んで
個人で細々と地域の猫たちにご飯をあげ、避妊去勢手術をし、
里親を探している人がいることを知ってほしい・・・そう思っています。

今日はMARUさんと一緒に行き、現地でMiyoさんご夫妻とも
合流しました。講演会も終り、1階に降りると、エレベーターの前で
車椅子の男性が待っていました。
私たちを見て
「もう終わってしまったんですか」

聞くと、道に迷ってしまい、遅くなってしまったとのこと。
資料ぐらいならもらえるかもしれませんよ、と言うと
そうですね、行ってみます、と。

その後、会場を出たところで、今日知り合った方としゃべっていると、
あの男性が出てきました。

「今から松野議員が会ってくれるそうです!」
と。

この講演を聞くために、わざわざ四国からやってきた彼の
話を聞いて、主催者が気遣いしてくれたのでしょう。

頑張って、いっぱいお話してきてくださいね、と言うと
「頑張りますっ」
と言ってくれました。

よいお話がたくさん出来たかな、あの男性・・・


松野議員、頑張ってどんどん動物の福祉を向上させてほしいな。
犬猫に優しくない社会なんて、いい社会なわけがないもの。
ドイツ並みとまではいかなくても、アメリカぐらいに
持っていきたい、と熱く語っておられました。
動物に優しい社会は、きっと高齢者や子供にも優しい社会に
決まってる。こういう人に、政治を推し進めてほしい、そう思いました。

松野議員、頑張ってくださいー!
応援してます!



お気に召したら、のクリック×2で、応援よろしく
めっちゃ落ちてますどうぞ、応援してくださいね。
  
▲にほんブログ村★猫漫画▲  ▲人気ブログランキング★猫ブログ▲



帰宅して、せっかくMARUちゃんが来てくれてるんだし、
みんなでおやつタイムしました


[READ MORE...]
拍手する



2008/03/23 20:42 | ★にゃんずの日常★ | Comment (6) | Top▲
 チェーンメールの真相
2008年03月23日 (日) | 編集 |
先日、チェーンメールでのブリーダー崩壊の件を
ここにUPしました。
それについての続報です。

実はチェーンメールが収束に向かう少し前から
この情報はキャッチしていたんですけど
発信者のチョコママさまに、紹介の了解を頂けるまでは
と思い、UPが遅くなりました。

この件は、事実と多少異なることとはいえ、
実際にあった事件が下敷きになっています。

ここからは、事実をお知らせしたいと思います。

チョコママさまのブログは▼です。
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/


場所は関東のS市の某ペットショップの閉店に
伴って、残された犬猫の「せり」が行われる、との
情報を得たチョコママさんが情報をキャッチ。

現場に駆けつけた時は、すでに状態のいい子や
子犬子猫は業者や愛護団体が持ち去っていたらしい。

チョコママさんが保護した子たちは、いずれも皆、
保護すらされずにほったらかしにされた子たちと
ひどい状態にもかかわらず、繁殖業者に戻そうと
されていた猫たち。

ひどい悪臭が漂う中、犬猫たちを保護、
チョコママさんとボラ友達の皆さんは、大きな団体でもなく
数人が集まった小さな集まり。

目がつぶれた子猫、
下痢が続く成猫、2キロに満たないスコティッシュ。
乳腺腫瘍が破裂している柴犬、
ドロドロに汚れた長い毛の犬、
皮膚炎で半分はげ状態の小型犬など・・・

この子たちのいたケージはどれも、小さく
ひどく汚れていて・・・


まさに無間地獄。


こんな中で、いったい何年過ごして・・・
何度、繁殖させられてきたのか。


こんな地獄のさなかに、まだ強欲を出す人もいて、
犬を持ち去り、猫たちを病気だからと言い
引き取るなど強弁する・・・
>この件は現在、チョコママさまや弁護士の方々が
動いています。


怒涛のような動きの中で、通院と処置、数々の交渉の果てに
チョコママさまが保護できた子たちは皆、
少しずつ表情が変わってきて、初めてお散歩に
出る犬たちの写真や、初めてプランケットの上で
くつろぐ子猫、おもちゃで遊ぶようになった子など
変化が見られるようになりました。

この件で、発信者のチョコママさまと直接お話する機会が
ありました。

保護猫がいる状態で、よくここに手を出せたと
私は感嘆したのだけれど、チョコママさまは


残ってる子たちは皆、悲惨な状況で、やらざるを得なかった


と明るく笑っておられました。


電話の向こうに見える、会ったことのないチョコママさまの
恐ろしいほどの強さをそこに垣間見た気がします。
弁護士が関わるような案件も含まれているため、
詳しくはここには書けない事情もあって
それに対してはどんなに激しい怒りと悲しみを
持っておられるだろうと思うけれど、
今は、それをプラスに変えていってらっしゃるのだと思います。

怒りが「怒り」であることよりも
その本質はそのままでも、ベクトルを変えることで
こんなに力を得ることが出来るのか、と思います。

現在、状態のよくない子もいて、里親探しがすでに
出来ている子と、そうでない子がいます。
乳腺腫瘍のひどい子に関しては、いろんな憶測が飛んだようだけど
今は、治療をしながら、できるだけ苦痛を取り除く方向で
預かりさんがこの子のこれからを見守ってくれるとのこと。

また、この子たちの写真には、ひどいものも
含まれているために、取締りをしてほしいとか、虐待だと
大声を上げる人もいるようです。
でも、今必要なのは、それではない。

現場は、とにかく、状態の悪い子を少しずつでもよくしていき、
この子たちの笑顔を取り戻すことが先決なんです。
そして、ここのオーナーも、繁殖用の犬猫に名前をつけたり
処分をしない方向で頑張っていたそうです。もちろん
ここまで状況を悪くしてしまった責任は重大だけれど、
ただいたずらに事を荒立て、責め立てても
何も変わらない、現場の混乱を招くだけなのです。

今は、見守ってほしい・・・
チョコママさまとお友達の皆さんは、そうおっしゃっています。

犬も猫も少しずつ里親さんが内定していってるようですが、
治療の必要な子もいるし、医療費はかなりかさんできているそうです。
まだまだ時間がかかるでしょう、必要物資類はかなりの数が
到着したようだから、これからはやっぱりお金が一番
必要になってくるのではないかな。

募金の口座などは、チョコママさまのブログのトップ固定記事を
参照してくださいね。
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/

どの子も大変な状況の中、救われて、そして、今は
本来の犬猫らしさを取り戻してきています。
救われたこと、皆わかっているのです。

無間地獄から救ってくれてありがとう・・・

声が聞こえるようです。





▼トリミングしてもらって、きれいになってからの写真です。
12429683_210191064.jpg


12429683_2702124796.jpg



▼笑顔がいいねえ ^^
12429683_2239398586.jpg


12429683_3715512872.jpg



写真はチョコママさまのブログにたくさん、ありますので、そちらを見てくださいね。

[READ MORE...]
拍手する



2008/03/23 10:30 | ★にゃんずの日常★ | Comment (2) | Top▲