サービスエリアの猫
2013年03月13日 (水) | 編集 |
昨日は職場の永年勤続表彰で本社に出向いていました。
今年で勤続20年なんです・・・(´・ω・`)
京都の本社に行く途中で寄ったサービスエリアのすみっこに
横たわっている猫がいました。



そっと見に行くと、口を開けて
苦しそうに呼吸している。
お腹も上下して、かなりつらそうな様子でした。



本社に行くというのに
キャリーも何ももってないのに
ちょっと逡巡しただけで
保護してしまいました。




売店のおばさんに聞くと、もう6年ぐらい前からいるとのこと。
誰も餌をあげていないのに、お客さんが食べ物をあげるから
いついていると・・・


細く小さく、抱けば子猫のように小さな小さな猫さん。






にゃん友のすいかさんの手を借りて
京都からかかりつけの動物病院に搬送することが出来ました。
すいかさんは、今日は一日時間あるからいいよ!!って
引き受けてくださって・・・
本当にありがとうございます。


本社の事務所で、少しの間預かってもらえたことも
本当にありがたかったです。





小さな小さな、とてもきれいなお顔の三毛猫さん。
元気になろうね、生き延びようね。







かかりつけの病院では、酸素ルームに入れてもらって
静脈点滴もしてもらって、ずいぶん様子がいいように見えました。

診察の結果は、横隔膜ヘルニアでした。
肝臓やCPKの数値が高いことから
事故にあったかもしれないね、とのこと。
今日、心臓エコーとCTを撮ってもらって
結果が悪くなければ、横隔膜の手術を
して頂くことになりました。

どうか、どうか、手術を乗り切ってくれますように。
元気になりますように。
暖かい春をお腹いっぱい過ごせる幸せを
この子に感じてもらえる日が来ますように。




それにしても、私は何やってんだろう。
みつるの里親さんもまだ見つかってないのにね。
でも、仕方ないね、あの呼吸を見たら
見過ごせなかったもんね。





▼ぼくのこともお忘れなく〜!

人気ブログランキングに参加中
いつも応援ありがとうございます!


▼みつるの里親さん募集してます!



▼にゃん友のMARUさんの保護ねこさん家族募集してます



▼にゃん友のすいかさんの保護ねこさん家族募集してます
 



拍手する



2013/03/13 06:21 | 2013 サービスエリアの猫のぞみ@里親さん決定 | Comment (35) | Top▲