FC2ブログ
 一人暮らしの猫飼いさんへ
2013年03月25日 (月) | 編集 |
10年来のラン友から、緊急SOSが入ったのは先週末のこと。

ラン友の実家で一人暮らしの弟さんが倒れて、
意識不明のまま病院に運ばれて
猫が実家に残されている…
どなたか、数ヶ月間、猫たちを預かってくれないか、と。
ラン友は猫が苦手で、そっとなでてやるのが精一杯。
仕事も夜が遅く、食事とトイレの世話に通うのがやっと。

幸い近くに住む猫友のMiyoさんが
猫たちを預かってくれることになり、
昨日、猫たちを預かってきました。


大好きな飼い主さんがいなくなったおうちで、
飼い主さんが帰ってくるのを待っていた猫ちゃんたち。

とても大人しくてすぐに捕まりました。
そのまま、病院へ直行。
飼い主さんは意識がようやくもどり、
猫ちゃんたちの名前もわかりました。


人懐っこい性格のソロくん。


どきどき



採血も暴れることなく、
爪切りも大人しくできました。


ううーーー



次は怖がりさんのプッチくん。
お目目の状態が悪い。
猫風邪もありそう。


やめてー


右目は癒着していて左目もほとんど見えていないようす。


ぼく、もう帰りますよ



でも、人のぬくもりが嬉しかったんでしょうね。


抱っこスキ・・・


抱っこしてもらってご満悦。



二匹ともウィルス検査陰性で腎臓肝臓も数値がよくて
プッチくんのお目目以外は問題なかったです。


今回、離れて暮らしているラン友に
弟さんの様子がおかしいと連絡してくれたのは近所の方でした。

私たちがタイムズの駐車場から歩いて移動する間も
ラン友はご近所さんに明るく挨拶し、
弟さんの病状を報告し、
猫たちは友達に預かってもらいます、と
みなさんにお礼を言ってました。

みなさんも、猫ちゃんたちよかったね、って言ってくれて…(T ^ T)

なんだか、昔ながらの人情みたいなのを感じて、
ラン友も先を考えると不安でいっぱいだろうに
ほんとに明るくていつも通りで…


なんだか、勇気をもらえました(´゚艸゚)∴


一人暮らしの猫飼いさんは、
普段から近所付き合いをしっかりしておくことも
大切だと感じました。
そして、自分の身に何かがあった時、
猫の心配をしてくれる友人がいることも・・・




猫ちゃんたちはMiyoさんちで預かってもらいます。
三ヶ月〜半年ぐらいかな?
意識が戻った弟さんも、
元気になったら、猫たちと暮らしたいと
願っておられて、
猫たちはもう14歳だし、最後まで自分が面倒みたいと
仰ってるそうです。






▼人も猫も幸せになってほしいよね。

人気ブログランキングに参加中
いつも応援ありがとうございます!


▼みつるの里親さん募集してます!



▼にゃん友のMARUさんの保護ねこさん家族募集してます



▼にゃん友のすいかさんの保護ねこさん家族募集してます
 


拍手する



2013/03/25 06:25 | 2013 ソロ15歳@うちの子になりました | Comment (6) | Top▲