待ってたのに・・・
2006年11月16日 (木) | 編集 |
大阪行政収容猫の中から、里親さまが内定して
ケア中だった、耳か~る君。

残念ながら、内定が取り消しになってしまいました。



耳か~るくんのお耳は「耳血腫」だったこと、
お渡し寸前で肛門腺が破れてしまい、ケアが必要な
ことから、里親候補さんが辞退されてしまったそうです・・・

********************************

【耳血腫(じけっしゅ)について】
耳介内側の皮下と耳介軟骨間に出血があり、
血液がたまる病気で、血腫部分が異常に腫れてくるのがわかります。
<治療>
症状の程度により、針を刺して排液するだけで治癒する場合も
ありますが、たびたびたまる場合は大きく切開をくわえて
縫い合わせる方法が取られます。
耳血腫は手当てが遅れたり、こじれると、耳介軟骨に
変性がおき、耳全体が萎縮してしまいます。

【肛門腺破裂について】
おそらく、肛門嚢炎のことでしょう、
肛門嚢炎として調べてみました。

肛門内側に肛門嚢という器官があり、肛門の内側に開口
しています。これは、便に個性的なにおいをつける役目を
果たしていると解釈されていますが、この分泌口が塞がったり、
嚢に化膿が広がったりして、痛みと炎症をともなうのが
肛門嚢炎です。発見が遅れると、肛門の際に穴が開いて
化膿瘡(かのうそう)が出来ることもあります。
<治療>
嚢内に抗生物質の軟膏を注入したりします。あまり繰り返して
再発する場合は外科手術で肛門嚢を切除する方法もあります。


以上、「猫の医・食・住」(05・06年度版)より、抜粋しました。

*******************************


耳か~る君はとても性格がよく、人が大好きな子です。
お客さんが来たら、きっと

「いらっしゃ~い!まあまあ、こちらへどうぞ!」

とご案内してくれるような、そんな看板猫ちゃんに
なってくれると思います。


お耳の状態はすでに、耳介が萎縮しているので、
これ以上の回復は難しいかもしれませんが、
肛門腺は治療済みで、あとは回復を待つだけ。
どちらも、他の猫に感染したりする病気ではありません。

こんな耳か~る君の里親さん、現在、大、大募集中です!
耳か~る君は行政施設に来たのが7月末なので、
正直な話、ヤバイんです。これは本当の話です・・・



以下、耳か~る君の募集記事を転載します。


*****************************


大阪府動物一時保護センターから成猫の里親さん緊急募集のお知らせです。

この成猫は元々4匹一緒の家で飼われていた子達だと思われ、
処分を目的とし飼い主が保健所へ持ち込みました。
保健所では即殺処分ですが、運良く行政収容所に一時保護されました。

この子はとても人懐こく、手を差し出すとスリスリゴロゴロと甘えてきます。
人の手の温かさを知っている子です。
片耳は耳血腫で固まっていますが、元より耳がカールしているので
殆ど分かりません。
もちろん完治していますし、他の子に感染するような病気ではありません。
最近になって、肛門線が破れているのが分かりましたが、これも同じく
感染することもなく、ただ今治療中で間もなく治ると思われます。
このようなことから、一度は里親さんが内定したのですが、取り消しとなってしまいました。

行政収容所に居るこの子達が決して手厚い保護を受けているのではありません。
保護時のふっくらとした面影はなくなり、やせ細った姿で里親さんが見つかるのを
待ち続けています。
しかしそれもいつまでも待ち続けられるわけではなく、期限が来れば消える命なのです。
どうかこの子にもう一度生きるチャンスを下さい。
もう二度とこんな辛い思いをしなくてもよい暖かいお家を下さい。

私達は行政と協力して「殺処分0」を目指して飼い主さんを探しています。
誰もが保護猫を多数かかえており、この子達を迎える余裕がありません。
新しい子を迎えたいと思っている方にお願いします。
飼い主に見捨てられ処分されてもいいと持ち込まれたこの子達を
あなたのお家に迎えていただけませんか?

去勢済み、ノミ駆除、検便・ワクチン済みです。

大切な命の譲渡ですので里親希望者様へお願い事があります。
1.完全室内飼い、脱走防止の措置をして下さる方。
2.誓約書、身分証明書のご提示を快くして下さる方。
3.年1回のワクチンをして頂き、フードなどの健康管理をして下さる方。
4.必要な医療は必ず受けさせてくださる方。
5.終生愛情を持って飼育してくださり、時々で構いませんので近況報告をお知らせ頂ける方。
6.ボランティアがお届けしますので、大阪近郊の方を希望します。
  
事前にご連絡頂ければこの収容所の猫達を見て頂くこともできます。
お問い合わせは kaizaru7@yahoo.co.jp までよろしくお願いします。
ボランティアの数が少なくお返事が遅れることがありますので
その際は「キョロLOVE」 p-s@eos.ocn.ne.jp までご連絡下さい。
毎日迷惑メールが多い為、お手数ですが件名に必ず「猫の問い合わせ」とご記入下さい。
他にもたくさんの子が居ます。下記のHPをご覧下さい。
http://www.geocities.jp/tensippo/





111601.jpeg



111602.jpeg




耳か~る君の本当に家族の方!
どうか、耳か~る君を早くみつけてあげてください。
耳か~る君は、あなたがみつけてくれるのをずっと
待っています。

早く、早く・・・!!




拍手する



2006/11/16 21:05 | 緊急SOS | Comment (11) Trackback (1) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
yumiさま>
はい、待っててくださいね ^^
2006/11/28(火) 20:34:56 | URL | なおちゃん@もも組 #-[ 編集]
おっと~!
ゴメンなさい~!
先走ったみたいで。
後日談!楽しみにしてますぅhttp://blog28.fc2.com/image/icon/e/266.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
2006/11/27(月) 00:18:08 | URL | yumi #0sScJN/2[ 編集]
yumiさま>
おおおう!そそそ、それわ~(動揺)
じ、実は、近日ちうに後日談をUPできるかと
思います、少々お待ちくださいね(汗
もちろん、嬉しいご報告です ^^
2006/11/26(日) 21:47:16 | URL | なおちゃん@もも組 #-[ 編集]
違ったらごめんなさい...
今サイトに行ったら、耳カールクンらしきにゃんちゃんに、里親決定の文字があったような...本当だったらうれしいな~♪
2006/11/25(土) 14:50:51 | URL | yumi #0sScJN/2[ 編集]
ちえぞうさま>
そうなんですよねえ・・・
いい状態の子を望むのはやっぱり仕方がないと
思います。。こればっかりは、里親候補さんを
責めるわけにもいかないんですよね、
ケアさえ出来ていれば、、本当に残念です。。
ランキングの方、いつも応援ありがとうございます ^^

candyさま>
耳か~る君のあの性格、ほんまに貴重ですよね、
お客さん大好き、接待はいつでもOk!やもん。。
あんな子が1にゃんうちにいてくれたら
どんなに楽しいか・・・
あの子にも良縁がどこかに必ずあるはず、
間に合ってほしい、それだけです・・

nekomamaさま>
ここの子たちは、みんな期限つきですから、
少しのことでもロスになってしまいます、
耳か~る君がもともとのおうちにいた頃に
一緒に暮していたお友達はみんな里親さんが
決まったのに、こんなに性格がよくって
かわいい子がまだなんですよね・・
間違いなく、イチオシのええ子です、
どうか、良縁が授かりますように。。

おやかたさま>
そうですね、きっと何事かの理由があっての
ことでしょうね、責める気持ちとかはないです、
それよりも、もっとケアが出来ていれば、、と
思います。施設も手いっぱいなんだと思います、
保護猫以外にも、いろんな動物がいますもの。
捨てられなければ・・・という子たちばかり。
もっともっと、人の側の資質を上げていかなければ
人はどんどん傲慢になっていくと思うのです・・・

yumiさま>
はじめまして ^^
書き込みありがとうございます。
私なんて、ほんと、いつも口だけ応援で恥ずかしい限りです・・・
もっと何かできることをと思うばかりで、
うちも家猫の具合が悪かったり、野良出身の子が
甘えたかまって星人で抗議しっこしたり。。
いろいろあって、これ以上の受け入れは無理なんです、、、
yumiさまもお外の子をおうちの子にしてくださったのですね、
ありがとうございます。その子はきっとyumiさまに感謝して
そして、yumiさまがその子に与えた以上の幸せを
返してくれると思います。
もっともっと幸せになれる子が増えるといいな、と思います・・・
リンクの件、ありがとうございます、
早速こちらからもさせて頂きますね、
toraちゃんちのテンプレ、いつも愛用させてもらっています。
クリスマスバージョンがもうすぐUPされますよね、
スタイルシートのみの配布になりそうだけど、
早速使わせてもらおと思って、UPを心待ちにしています ^^

すいかさま>
もっともっとケアが出来ていれば・・・と思います。
施設もあんなに動物が多くなければ、もっともっと手をかけることが
出来たでしょう。こないだUPしたのはごくごくほんの一部で
巨大なリクガメやオオバタン(大型のオウム)や大きな蛇もいて、
施設の担当者も手一杯なんでしょうね、、、
捨てる人がいるから、不幸になってしまう子たちがいるのですよね、
飼い主のモラルをもっとあげないと、、と思います。
命に責任を持つこと、難しいことだけど、尊くて
大切な命を守っていくことは、自分の幸せにつながること・・・
人も動物もみんな幸せになれる方向を見出していかなければ、、と思います。
2006/11/17(金) 23:27:30 | URL | なおちゃん@もも組 #-[ 編集]
耳カールくん・・(T_T)
先日、大阪行政さんのところ見たら、里親決定の文字がなくなっていたので心配しておりました・・
折角お家が見つかったと思っていたのに・・ショックですね・・。可哀想です・・。
里親になるという事は、その子の「存在」を受け入れ、引き受けるという事だと思います。
たとえ病気であっても、何か障害があっても、その子の「存在」に縁を感じて、愛おしく思って、手を取り合うものだと思っています。
「病気」が理由で命が選ばれては絶対にいけないと思っています。
ですが、その人その人の事情があり、そうしたくても引き受けられない場合もあると思います。
だから「病気の子を引き受けられない」という事は責める事はできませんし、事情を知らない私には何も言えません。
(もちろん、それを理由に捨てるなんて事は絶対に許せないことです!)
だからこそ・・・・自分達の事情を十分に伝え合いながら、事前によく知って・・引き受ける決心をして欲しかったと思います。


どうかどうか、耳カールくんの命が守られますように。
私のブログでも紹介させていただきます。
2006/11/17(金) 18:50:15 | URL | すいか #ZXFTkmVo[ 編集]
頑張って...
猫ちゃんたちの保護活動、ちゃんと行動に移しておられて、頭が下がる思いで拝見しました。
 私のうちにも3匹のにゃん子がいますが、そのうち2匹は野良ちゃんが、住み着いてくれ、一番チビは、よそのお宅で、野良ちゃんのママにゃんが、産んじゃった~貰い手ない?といわれ、せめて1匹でも...と頂きました。残りのにゃん子もそのお宅で幸せに暮らしています。

 今年の夏にやせ細ったにゃん子を保護し、手遅れ状態で死なせてしまったことがあり、本当に自分の力の無さに落ち込みました。

 何か私に出来ることはないか....そう考えるだけで、何も行動に移せずに今日に至ってます。だから、こうして実際に動いておられる方のサイトを見ると私も頑張らねば♪と励まされます。
とりあえず、こちらのブログを私のブログにリンクさせて頂きました。
里親の募集記事なども、これから紹介させていただきたいと思います。事後承諾で申し訳ありませんでした。
もし良かったら私のブログもご覧くださいマセ
http://nyanmamadiary.blog50.fc2.com/

偶然にも同じテンプレートで♪
2006/11/17(金) 11:23:58 | URL | yumi #0sScJN/2[ 編集]
・・・・・・・・・。
辞退した方にはそれなりの理由があったのだと思います。
たとえば猫の病気に関して先入観が強い家族の反対があったとか。
でも辞退によって耳カール君が生命そのものの危機になることまでは思い至らなかったのでしょうか。
日帰り往復12時間を思い出すな~。ピンチレベルが段違いですが。
あっちらこっちらに記事を貼らせていただきます。緊急性記載の制限が無いようなところに。
2006/11/17(金) 08:45:27 | URL | おやかた #mQop/nM.[ 編集]
やるせないですね…
見た目や、病歴を超えて余りある性格の良さとか、記憶の中にある人の手のぬくもりを求めてやまない彼らの思いとか、何より、今輝いているこの命たちを、どうやればあと一歩、幸せにしてあげられるのだろうとか、彼らと幸せを分かち合うことができる喜びを、一人でも多くの人に知ってもらいたいとか、いろいろなことを、本当にいろいろなことを考えさせられます。
 
名乗りを上げたにもかかわらず辞退するからには、それなりの事情があるのだろうとは思います。
でも、それならば、手を上げる前にもう一度よく考えて欲しかった…
 
ひとつの「命」を引き受けるには、相応の覚悟がいりますよね。
苦労は、ある。
それは事実です。
でもそれ以上の幸せを、彼らは間違いなく私たちの人生にもたらしてくれる。
 
そのことを知っている人こそが、一度はニンゲンに見捨てられながらも、ニンゲンを見捨てることをしない彼らと共に幸せになれるのだと思います。
 
我が家にぞろぞろと生息しているしっぽのある家族たちと一緒に、耳か~るくんたちに一日も早く安住の地が見つかることを心から祈っています。
 
2006/11/17(金) 00:09:25 | URL | nekomama #-[ 編集]
ありがとうね
記事を取り上げてくれてありがとう!
耳カール君はほんまに人懐こくてええ子やのにね・・・
今回の内定取り消しはケア不足やったね。
この募集記事を書きながら、不甲斐なさで情けなくなったよ・・・
でも頑張って応援しようね。
一人でも多くの方にこの実情をもっと知って欲しいし、
一日も早く、里親さんが見つかることを信じてるからね^^v
2006/11/16(木) 23:26:11 | URL | candy #WaoDa112[ 編集]
残念ですね
全ての里親希望の方が、猫の状態を把握して、全てを受け入れるのは、やっぱりむずかしいのかな~?
悲しい現実ですね。

直接力にはなれませんが、ランキングをぽちっと押しました。
関西で、多くの方が見てくれて、新しい里親様が
見つかればと思います。
2006/11/16(木) 22:45:58 | URL | ちえぞう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass(必須):
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大阪行政収容猫の中から、里親さまが内定してケア中だった、耳か~る君。残念ながら、内定が取り消しになってしまいました。耳か~るくんのお耳は「耳血腫」だったこと、お渡し寸前で肛門腺が破れてしまい、
2006/11/16(木) 23:43:49 | とらのママ気まぐれ日記