我が家のクリスマス
2006年12月25日 (月) | 編集 |
我が家も、ぷちクリスマスパーティをしました


にゃんずも、クリスマスプレゼントもらったし


スパークリングワインを



ぽんっ!


ってやったら・・・



IMG_2074.jpg




ちゃとらんのおしっぽもびっくりしたよ


IMG_2078.jpg



クリスマスやのに、なぜかおすし



IMG_2082.jpg




ダメダメッ




IMG_2098.jpg




素敵なケーキでしょ!
これをチビチビ食べて、スパークリングワインを飲みながら
ジェット・リーさまの「キッス・オブ・ザ・ドラゴン」を見ましたよ
はぁ~ええわ~
ほんま、この人のアクションは見ごたえがあります~!


とらのママさんから頂いた、にゃんず用クリスマスプレゼントには
おもちゃがたくさん入ってました

IMG_2111.jpg



シックな手帳も
タペストリーはクリスマスが終わっても使えそう。



IMG_2116.jpg



早速、野次馬がやってきた


このあと、とらちゃんはねずみのおもちゃに夢中で
一人で爆走してました・・・

とらちゃん、お礼言うてや



IMG_2092.jpg




はい、よく出来ました!


IMG_1451.jpg



次はちゃとらん
クッションのお礼、言うてや



IMG_1472.jpg



はい、こちらもよく出来ましたね


そんなこんなのクリスマスだけど、
今日は、家庭サービスも兼ねて、「硫黄島への手紙」を見てきました。


私たち、今の現代を生きている人たちが、
こうして幸せに暮していけるのは、たくさんの人たちが
歴史を作ってきたからに他ならない、と思います。
戦争は「殺し合い」でしかない、切羽つまれば
自決、という方法もあり、命の尊さという言葉が
まるで薄っぺらい紙切れのように感じられてしまう・・・

この映画では、色調を押さえて、全体的にモスグリーンの
ような色合いで物語が進みます。
現在と思い出のシーンだけが、普通の色調で語られているのです。
残酷なシーンも多いのですが、その色調のせいで
いくらか、緩和されているように思います。
過去の話であっても、ここにあったことは
(推測やフィクションもあるだろうけど)
紛れもない、歴史の事実であり、硫黄島だけではなく、
「ビルマの竪琴」で語られたような、南方でも、
「ひめゆりの塔」の沖縄でも、「男たちの大和」の
海上でも、多くの人々が亡くなり、映画化されたり
小説化されたりして、人が人の命を奪う、人が
尋常な心を失ってしまう、戦争という非常事態の恐ろしさは
語られているというのに、今もなお、この世界のどこかで
戦争は起こっているのです・・・

この映画を作ったのは、世界の大国、アメリカです。
全編が日本語のせりふであること、日本人的な考え方、
その描写方法から、この映画がハリウッド製だということを
忘れてしまうほどです。

生きて生きて生き抜く若い兵士の姿と
硫黄島の兵士たちを率いた指揮官を通して
映し出されてくるのは、いかに死ぬかではなく、
いかに生き抜くか、だと思います。

簡単に死んではならない、
最後まで生き抜くことの難しさ、
奪い奪われる命のはかなさを感じずにはいられません。

どんなに憎い敵であっても、皆、親があり、家族があり、
本当は普通の人間であること、
戦争が人の心までも奪ってしまうこと、
そんなメッセージがこめられているように感じます。

劇場で見て本当によかった、と思える映画に
久しぶりに出会えました。





拍手する



2006/12/25 23:02 | ★にゃんずの日常★ | Comment (5) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
mimifreeさま>
この太巻きは母お手製だもんで田舎っぽい
素朴に味がしてます ^^
ほんと、みんなは明日あさってぐらいが
仕事納めで休暇ですよね、
私は土曜日が昼間でで、正月は2日から
仕事ですよ TT
2006/12/27(水) 23:54:49 | URL | なおちゃん@もも組 #-[ 編集]
はは^^;
私もクリスマスはお鮨でしたよ~
同じだww
あ~今年もだんだん終わりになってく~~(汗)
2006/12/27(水) 08:53:53 | URL | mimifree #58QiQ9eE[ 編集]
おやかたさま>
でしょでしょ、なんともミスマッチ!
この太巻きは、母のお手製なんです ^^;
24日は、仕事で遅くなったし、なんともの~う、な
仕事内容だったので、お疲れ爆発ちうでした。
このスパークリングワイン、1000円ほどのものですが、
結構おいしかったですよ、ほとんど一人で飲んで
しまいました、えへへ
そうですね、歴史は積み重ね、ですものね、
今ってみんな、本を読まない人がすごく多くなってて
書籍から受け取る情報って少なくなってると思います。
映画やドラマ化、また、新聞での記事などが
やはり歴史をしる一環になるといいなと思います。
ただ、たとえば、新聞だと、朝日と産経などは
全く色合いが違いますよね、テレビもしかり。
可能であれば、多方面から知ることが出来れば
いろんな考え方を吸収して自分なりの考えを
作っていけたらベストかなぁと思います。

すいか(くるまま)さま>
あちゃ~ ^^;新世界で串カツビールとな!
う~ん、オヤジィ~ですね ^^;
クッション、さきほどは、ちゃとらんが焼き芋クッションの
上で寝ていましたよ、あのちっちゃいクッションに
みっちり体をまるめて乗る姿、すんごいかわいかったです。
『硫黄島からの手紙』、機会があれば、ぜひ
見てくださいね。DVDが出ればレンタルでも
いいだろうけど、大画面で見るのはまた違ったよさが
ありますものね。
二宮くん、すごかったですよ、かったる~い雰囲気と
時折見せる緊張感みなぎる表情のギャップが
よかったですよ。二宮くん演じる西郷がいる部隊が
自決するシーンがあるのですが、私はどうしても
意識を映画の中に入り込ませてしまうので、
もう痛くて辛くてたまりませんでしたよ、、、
緊張感に心臓が止まりそうでしたもん。
硫黄島からの生還者の方、ごくわずかですが
今も生存されていますよね、、その方々の言葉が
聞けたらいいな、、と思います。
2006/12/26(火) 22:55:58 | URL | なおちゃん@もも組 #-[ 編集]
私の今年のクリスマスは、
昼間から新世界で串カツ&ビールでしたよ~A^_^;)
夜は近所の居酒屋で盛り上がり~♪
聖夜って(・・?? ナニ?って感じですわ~

みんなクッション使ってくれてありがとうv-10
代表でちゃとらんにお礼言ってもらえるなんて、
めっちゃうれし~です(*^-^*)
とらちゃんのカメラ目線&ないすポーズは
エビちゃんもビックリよv-238
もちろん、そのかわゆいお顔もね☆彡

「硫黄島からの手紙」、私は見てないけど
予告編でも胸に来るものがありました。
まだまだ改善の余地だらけの国ですが、
過去の歴史を、出来うる限りの情報を集めて
真実のまま伝えようとする国になってきたこと、
あの時代の人たちから見たら、きっと
すごいことなんだろうなぁ。
みんなが豊かになって、いつのまにか忘れてしまったもの、
こんな作品が思い出させてくれるんでしょうね。
2006/12/26(火) 17:06:19 | URL | すいか(くるまま) #mn6gys/M[ 編集]
桜柄の皿に盛られた太巻きとクリスタルのワイングラスに並々と注がれたスパークリングワインのミスマッチが、とっても日本!って感じですなー(^^;)
私たちは先人たちが作り上げてきた歴史のおかげで今の生活を過ごしています。同じように、私たちが作る歴史がこれからの人たちの生活を作っていくんですよねん。
いろんなことがより良い方向に進むように微力でも努力勉強は続けたいものです。
2006/12/26(火) 08:50:24 | URL | おやかた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass(必須):
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック