ベランダ遊びその2
2007年03月22日 (木) | 編集 |
IMG_6414.jpg



あかんで、ちゃとらん。
足元、気ィつけや。


IMG_6419.jpg



はいはい、無理無理。せんとって。



IMG_6429.jpg




お、りさちゃんも来たんやね。



IMG_6436.jpg




りさって結構、長いねんな~。


IMG_6455.jpg




え、なに、なに?




IMG_6459.jpg




ウワ────(〃*`Д´)!!!



やめれ!






ほんっまに、見てるこっちが怖いよ
身軽なんはええけど・・・



んでもって、ちゃとらんが黙ってるわきゃ~ない


続きは明日・・・ 


一日一回有効です
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ






さて・・・


「デスノート・後編」を見ました。





う・う・う~~ん。
ま、面白かったんやけど・・・

なんでしょ
この前に見た、インファナル・アフェアがすごすぎたから
どうしても、そのノリで行くと・・・


やっぱり



マンガチック!


これに尽きるかなぁ。

漫画が原作だし、仕方がないんかな、
そんなんないやろ?と言うような場面が多々あり・・・

いわゆる、ツッコミやすいというか。
ツッコミをカバーして余りある魅力あふれるキャラクターが
いればいいんだけど、それもなし・・・
あ、松山ケンイチの演じる「L」はなかなかの怪演だし、
鹿賀丈司さんは文句なしにかっこいいんですけどね。

何か、のめりこめないモノがありました。

好みの問題かもしれないですね。
私的には「ふぅ~ん。それで?」と言う感じでした




本の方は、現在、↓の「ワイルド・スワン」を読んでいます。
タケさんが送ってくださったもの。




清末期からの中国の変遷を、ある家族とそれにまつわる人々を
正確な筆致と冷静な文章で追っていきます。
簡単にレビューを書けるような内容ではありませんが、
これは・・・!と思うような本です。



ここまで読んでくださってありがとうございます。
こちらも応援よろしくお願いします








拍手する



2007/03/22 22:43 | ★にゃんずの日常★ | Comment (3) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
にゃんくろさま>
でしょ、もうヒヤヒヤもん!
でも、かなりしっかりとつけてあるので大丈夫です ^^
本当なら、ルーフバルコニーを増築して
にゃんず仕様にしたいです!
りさは、うちの子の中では抜群に身軽です。
何でもできる子ですよ ^^

小太郎さま>
ベランダ脱走未遂、実はとらがチビッコのときに
やられてまして、あの時は、しっぽをつかんで
なんとか未遂に終わりましたが、生きた心地が
しなかったです ><
ノベライズ、原作や漫画、映画とはまた違った味わいですよ、
結構楽しめました。映画では、逸悦が妙な色気で
迫ってきて、イヤンッて感じでした。私が脚本家なら
最後まで勇ましいまま・・・と思ったりして。
>あ、気に入った本や映画は、こうして二次的に
想像を巡らしたり、ちょっと文章こしらえてみたり
するのが好きなんですよ。
ゆっくりと読んでくださいね。
例の件、ありがとうございます、めっちゃ楽しみにしていますね ^^
「ワイルドスワン」はもう読まれたんですね~
ひゃ~。これってかなり、硬派な小説ですよね。
「大地の子」は山崎豊子さんのしかしらない(爆)
しかも、冒頭の象狩りで挫折 TT
図書館で探してみますね、「赤いコーリャン」も未読だ~
いやはや、読みたい本が山ほどあって、全然
時間が追いつかないですね。
2007/03/23(金) 22:27:40 | URL | なおちゃん@もも組 #vJ5On1Uc[ 編集]
うちの若ニャンは過去2回、ベランダからの脱走を
企てました。今も一番高いところから雀を羨ましそうに
眺めています。今にも跳びそうでヒヤヒヤ・・
「墨攻」お借りします。寝る前の15分の読書タイムですので
なかなかですが・・
「大地の子」に続いて、「ワイルドスワン」昔に読みました。
あの頃はビデオも「赤いコーリャン」や「菊豆」など
中国もんに浸ってました。が、忘れてしまった・・・
また読み返してみたい一冊です。
ここ読むと刺激になってええです~~。
2007/03/23(金) 12:18:58 | URL | 小太郎 #-[ 編集]
ひえぇ~~っ!さくに上っても大丈夫v-12
そっか、ニャンコはこんなこと出来るんやっ!!
ちと、なめてたなぁ。
次回見るの怖いけど、楽しみv-238
2007/03/22(木) 22:52:58 | URL | にゃんくろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass(必須):
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック