FC2ブログ
 おりこうさん♪
2005年12月05日 (月) | 編集 |
ララちゃんはほんと、おりこうさん
ご飯もいっぱい食べられたし、お薬も問題なく
飲めました 目に入れる軟膏も
イヤイヤすることなく、仕方ないわね、といった様子で
我慢してくれる♪
まだ痩せ痩せなので、いっぱい食べてしっかり
太ってもらわないとね
120502.jpg

120501.jpg

とらがララちゃんのこと、気に入ったらしくて
ララちゃんのまわりをうろうろ。。。
DSC08054.jpg

↑いつもは電話台の上なんて上がらないのにねえ。
120503.jpg

120504.jpg

かわいい子はつくづく得ですね、人間の世界と一緒だ(笑)

さて、シクロんの様子。
里親さんから昨晩と今日とお電話があって、
近況の報告があった。
たった一日、一緒にいただけなのに、もうかわいくて
手放せません、だって
昔、家族の一員だった、白黒ちゃんと見た目も声も
似ていて、、嬉しいっておっしゃる。
当のシクロんは、専用のお部屋を探検し、
日当たりのいい窓際の猫ベッドで居眠りしたりしてるとか。
まだまだ慣れている、とはいえない状態だけど
時間をかけて、シクロんのペースを尊重してあげてくださいね、
とアドバイスをしておいた。
シクロん、なじんでくれますように。。。



拍手する



2005/12/05 22:15 | ★にゃんずの日常★ | Comment (4) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
nekomamaさま>
そうですね、きっと大丈夫って思ってます ^^
里親さまはFIVの子を見送った経験もあって
病気に対しての偏見もなく、だからこそ、健康管理と
サプリメントなどにとても気遣いしてくださってます。
シクロんのお部屋のなんて居心地のいいこと!
猫のツボをおさえておられました ^^

nekomamaさまんちのたまちゃん!!
めっちゃショックです TT
生後半年ぐらいまでは、FelvもFIVも正しい結果が
出ないから、仕方がないですよね、、、
ぽっちっちやにごちゃんに伝染してなければいいのですが、、、
そうならワクチンでストップさせることができますものね。
たまちゃんもインターフェロンで陰転目指してくださいね、
免疫低下に関しては私もサプリメントを色々と試してるので
また報告しますね。
MARUさんは、くるみちゃんにタヒボ茶がすごく効いて
今はめちゃくちゃ元気です、とおっしゃってました。
私もみおちゃんやあすかちゃんを他の子から隔離なんて
もう絶対に出来ない。だって、こんなにいい子たちで
ほかの猫たちとも仲良く出来て、、、何より、苦労に苦労を
重ねてきたこの子たちに、今を一番楽しんでほしい、
お腹いっぱいご飯食べて、危険のないお部屋の中で
暖かな日差しを感じながらお昼寝する幸せをずっとずっと
感じて満喫してほしいですものね。
闘いましょう、ウィルスと、そして偏見と!
ゆうたも負けませんっ!
2005/12/06(火) 23:45:18 | URL | なおちゃん@もも組 #-[ 編集]
ピノちゃん!
ええやろお~。うちとこはほんまべっぴんの女の子
ばっかりやなっ。ぼくはな~あすかちゃんタイプの
ちっこい女の子が好きなんや。ララちゃんも
それ系やろ~。たまらんわ!
とらちゃんと○×ってなんや、ぼくわからんわ。
そんなんかいとるから、ゲ★のサイトさんから
相互リンクしてって言われるんやで、なおちゃん困って
はったわ。どないするんやろなぁ。
シクロんなぁ、あいつはほんまにナヨナヨしよってからに!
悪いヤツやないねんけどな、優しすぎるねんな。
あんなんで、ようノラやってたわ!
牡丹のおばはんにパンチくらっとるんやったら
やりかえしたらんかい!あ、あんまり本気になったら
あかんで、ちょっとわからしたるぐらいでええからな。
お互い、怪我せんよ~に、うまいことやるんやで。
2005/12/06(火) 23:44:26 | URL | ちゃとらん #-[ 編集]
ララちゃん、本当にきれいさんですね!
とらちゃん早くもストーカーですか(^^ゞ
 
シクロんも素敵なおうちにお引越ししたんだなぁって、読んでいてうれしくなりました。
シクロんのゆっくりした時計に合わせて、のーんびりと見守ってくださる里親さんならきっと大丈夫!
 
みんな幸せになぁれ♪
 
さて、nekomamaんちからはちょっとショックなニュースです。
末っ子のたま、今日去勢手術のために病院へ行ってきましたが、事前の検査で猫白血病が陽性と出てしまいました。
 
先生と相談の上、今回の手術は見合わせました。
手術そのものは問題ないのですが、やっぱり麻酔をきっかけに発症したり、体力を消耗することで免疫力が低下するリスクが低くはないということなので…
 
他の検査の数値などはまったく問題なく、健康そのものです。
食欲もお兄ちゃんたちが残したお皿を片っ端から平らげるほど旺盛です。
もちろん白血病を疑う症状もありません。
ただ、涙目が治らないのは、やはり免疫力がイマイチだからという可能性があるそうです。
 
当然、他の猫たちとの接触もなしにするに越したことはないのですが、この甘ったれの末っ子、隔離なんてしちゃったらそれこそストレスの塊になってしまうのは確実なので、隔離は一切しません。
今までどおり、一緒の生活を続けさせます。
 
仲の良い悪たれ兄ちゃんたちは以前の検査では白血病、エイズ共にマイナスでしたがワクチンを接種していないので、再度検査をして、ワクチンを接種する予定です。
 
リスクの大きい共同生活を続けさせることに迷いがないといえば嘘になりますが、この期に及んで白血病ウィルスなんかに負けていられません。
せっかく首の皮一枚でこちら側につなぎ止めた小さな命、半年や一年で向こうに渡す気なんてさらさらありませんし、たまと本当の兄弟のように仲の良い兄ちゃんたちだって同じです。
 
たまの本当のお母さんに、助けるからね、って約束をしてきたんですから、守ります。
3年後、5年後、10年後だって、悪たれ3兄弟がくっついて眠りこけている姿を見ていたい…
 
見てろよ!白血病ウィルス!撃退してやる!
2005/12/05(月) 23:17:59 | URL | nekomama #-[ 編集]
なんでお宅ばっか
カワイコちゃんが来るん?
猫小屋なんて、オバちゃんか
乳くせーのしか縁がないのに・・

ボク、ララちゃんに会いたいわ~っ。
あれ?とらちゃん&ちゃとらんって
○○ちゃうのん?
カモフラージュしとるな!
そんな今更・・・

シクロちゃんも
ハヨ落ち着けたらええね。
牛のアニキより男前やし(内緒やで・・)

ララちゃん、シクロクン、頑張ってなーっ!
ボクも牡丹のおばちゃんに、毎日パンチ喰らいながら
頑張ってるで~っ。
2005/12/05(月) 23:03:44 | URL | ピノ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass(必須):
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック